会社案内

会社概要

名称 日本シェラック工業株式会社
(THE JAPAN SHELLAC INDUSTRIES, LTD.)
所在地 〒532-0035 大阪市淀川区三津屋南3-7-18
TEL 06-6301-0955 FAX 06-6306-1256
資本金 1,100万円
創業 明治40年1月
主な業務
  • 天然樹脂「シェラック」の精製・販売
  • シェラックを使用した2次製品の製造、販売
  • ラック色素などの各種天然色素の販売
  • 精密分散「シルキーマット」の製造、販売
  • 天然樹脂を主とした粉砕
  • 各種ワニス製品の製造、受託加工
  • 各種天産物及び食品添加物の取扱品販売

取得認証

  • ISO 9001:2000(2005年3月取得)ISO 9001
  • 食添GMP(2003年1月取得)JAFA GMP-010

アクセスマップ

社長のメッセージ

  •  弊社は1907年(明治40年)に大阪市東区(現 大阪市中央区)伏見町で漢方薬問屋として発足、1939年には国内で初めてシェラックの製造に成功いたしました。
     時代と共にお客様の要求事項が厳しくなる中、創業開始より1世紀以上にわたり、経営方針である少数精鋭による新たな発展を目標とした積極経営に基づき、食品・医薬を始め工業用分野に至るまで、お客様に満足していただける製品づくりに携わってまいりました。
     主力製品であるシェラックの主な用途は、菓子、錠剤など食品の光沢剤ですが、環境に優しい天然樹脂を使用した新しい用途開発の原料として注目をされ、常に技術開発に取り組んでおります。
     風通しがよくフレンドリーな社風ですので、ご検討の際はぜひ、お気軽にお問合せください。

  • 代表取締役 武田敏裕

    代表取締役 武田敏裕

沿革

年号
明治 40 1 社長武田敏裕の曾祖父、武田松之助が大阪市東区(現大阪市中央区)伏見町にてシェラック及び一般薬種類の輸入販売業を開業
昭和 9   『武田松合名会社』と改称
  14 12 資本金19万8千円にて『日本セラック製造株式会社』と改称
  16 4 日本初のシェラックの国産化に成功。当時の商工省の指示の下に、全国総需要すべてを賄う
  17 6 シャム(現タイ)よりラック虫を台湾に空輸移植し、スティックラックの国産化を計画
  18 8 シャムにて三菱商事株式会社、大谷洋行と共同で『泰化学工業株式会社』を設立。シェラック工業海外進出を計画
  20 6 第2次世界大戦時の空爆により工場全焼
  21 12 工場を再建し、資本金19万8千円にて『日本シェラック工業株式会社』を設立
  23   国内保有原料不足により、貿易庁にて輸入するシャムスティックラックを精製して、月間約70tの全国の需要をすべて賄う
  29 6 漂白シェラックの製造を開始し、当時日本唯一の全乾燥白ラックを完成させる
  30 12 「日本工業規格(JIS)K5909セラック」の表示許可を受ける
  31 3 乾燥白ラックより、鹸化液その他、化学2次製品の製造を開始
  39 11 資本金を現状の1,100万に増額
  45   シェラックと合成モノマーとの共重合物の開発
  50   シェラック代替樹脂の開発
  63 4 溶剤分散型の塗料用、インキ用添加剤の製造販売を開始
平成 12 3 粉砕事業を開始
  15 1 食品添加物GMP認証取得
  16 5 シェラックコーティング受託加工生産を開始
  17 3 ISO9001:2000取得
  23 3 現社長、武田敏裕が社長就任
  29 1 創業110周年を迎える
    3 新研究室・実験棟竣工
       
      現在資本金1,100万円
      工場敷地3,300㎡
      工場建物2,300㎡
Top